eyecatch07190

ダイエット中にやっときゃよかったと後悔しているコト~その3~

ダイエットのために運動をしている時、怖いのがケガですよね

pig

なんせ、人より重いカラダを支えながら運動しているわけですから、当然ケガのリスクも高くなります

 

ダイエット中も筋トレランニングで、手首足の甲を痛めてしまい中断を余儀なくされることがありました

そして、このケガのリスクは減量が終わった今でも運動を続けているので存在し続けているわけです

 


 

『ダイエット中にやっときゃよかったと後悔しているコト~その3~』は、ケガのリスクを低減させるテーピングがテーマになります

名称未設定-1

テーピングの部位別の貼り方については、こちらのサイトに詳しくのってましたのであげておきます


 

ケガをすると、ケガをした痛みよりダイエットが中断(または内容変更)されてしまうことが何よりきついです

特に、それまで順調に行っていたのだとしたら、メンタル面での影響大きいと思います

 

ケガをしたらとりあえず整骨院などで診てもらうのですが、たいていは電気を当てて湿布テーピングで、後は『安静にしておいて下さい』と言われ、自己治癒に頼るしかありません

 

ダイエット中はケガをした後、安静にするためにテーピングをしていたのですが、テーピングの貼り方のサイトにもあるように、ケガを未然に防ぐためのテーピングの仕方についても情報が載っています

 

ケガ予防のためにテーピングをする

今となっては「なぜこんな簡単で有意義なことをしてこなかったんだろう」と思いますが、本当に少しのテーピングだけで大きなケガ予防になりますので、ダイエット中の運動に是非行って頂きたいと思います

 

テーピングの他にも、体をサポートしてくれるアイテムとして、ランニングでは足への負荷を軽減するスパッツ筋トレではリスト・腰ベルトなどがあります

ランニングタイツの画像

自分の運動、体型にあったサポートグッズを有効活用してケガのリスクえ、ダイエットを円滑にめられるようにしてみてくださいね

 

この記事を書いていて、やはり水泳はこういったケガのリスクが低いのが最大のメリットだなぁと再認識しました

ビート板で泳ぐ

お金がかかるのと、プールに通う時間がかかるというデメリットもありますが、ケガなく続けられることは本当に大事だと思います

 

 

応援クリックのお願い。


応援して下さる方は、この箇所1日に1回ずつクリックしてやって下さい。

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ      

多くの方に読んで頂きたいので、どうか応援よろしくお願いします 😛


 

yahoo2

amazon2

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。